Customer Voice

累計発行部数・17万部

​薬を使わない薬剤師・宇多川久美子様

Q,プロデュースを依頼した理由は?

A,私の特性を活かしたコミュニティ作りをしてくれる人材を探していました。この人だったら大丈夫と友人からも紹介があってお願いすることにしました。

Q,実際にサービスを受けてみていかがですか?

A,まず、徹底的なヒアリングで自分の大切にしたい価値観から全てを構築してくださるので、「分かってくれてる」という安心感があります。また、菊地さんだけでなく、チームでサポートする体制を作ってくださったので、webのことや細かい業務はすごく苦手なのですが、痒いところに手が届くサービスで本当に自分がやらなければいけないことに集中ができるのですごく助かっています。

また、読者の方とのリアルな関わりの場を作ってくださったので「自分のメッセージが届いてる実感を感じています」仕事がより楽しくなりました。Lineの読者様も広告費0で4000人ほどになり、WebサイトにUPしている記事は検索では月に3万人以上の方が読んでくださるようになりました。セミナーやイベントの開催も強く告知しなくても自然に人が集まってくださるようになりました。

[どの観点からどんなサポートをしたのか?]

​宇多川先生は、健康、福祉系の企業・団体様から依頼を受けて講演を多くされておりました。自分メディアを構築してお客様にメッセージを出したり、お客様との接点を作る。お客様同士のつながりを作るという集客とコミュニティ設計の仕組みが必要だと感じました。

なぜ今のお仕事をされているのか?をヒアリングさせていただき、[全ての人の健康の自立]というコンセプトが出たので、そこから、webサイトのリニューアル、顧客動線の設計、コミュニティを作るためのオンラインサロンの構築までフルサポートで関わらせていただいております。

現在は、プロの講師として全国各地で活躍され数百人の前でお話することもあるので、その切り口で「講師力」を分解して誰でも学べるコンテンツにして、多くの方に届けても面白い?と企画しております。また、編集者&出版社さんとコラボして、20万部、30万部を目指せる新しい本を作っています。

ベストセラー編集者・累計発行部数・1000万部

​元PHP研究所役員・越智秀樹様

Q,プロデュースを依頼した理由は?

もともと、フリー編集者として活動していたのですが、これから出版したい!という方からの相談を多くいただくようになり、その対応について相談したのがキッカケです。

​そこから話していくうちに、自分が作りたい世界観が明確になり、そこからのコンテンツ作成やwebページの作成、顧客動線作り、コミュニティ作りなどをお願いしています。

Q,実際にサービスを受けてみていかがですか?

A, 年齢も私より20歳以上下のため出てくる発想や提案が豊かだと思います。また、文章コンテンツをまとめる言語的センスが出版業界にいた私からも感じます。

​プロデュース解説

[どの観点からどんなサポートをしたのか?]

​越智さんの場合、しっかりを本を売れる著者を育成したい。ということと、書籍が売れるプラットフォームを作りたい!ということで、越智さんの20年以上培ってきた経験のコンテンツ化、顧客導線の設計、著者のコミュニティ化というのを提案させていただきました。

​すでに数名の新人著者の出版が決定しており、これから関わった方がどんどん自分の本を出されていくのが楽しみです。

​アースウェル株式会社・代表取締役社長

大久保柾幸様

Q,プロデュースを依頼した理由は?

A,弊社の20年続く環境衛生事業のFC化に伴い、協会を作ろうと思いました。こういった運営や集客の仕組みに何が必要かわからず、困っていて相談させていただきました。

Q,実際にサービスを受けてみていかがですか?

A,実際にプロジェクトに必要なものを見える化してくださり、次に何をすればいいのか?がわかるのが私の場合は一番助かっています。また、私が本当にやりたいその次のビジョンも聞きながら引き出してくださるので、話をするとすごくワクワクしてやる気が出ます。事業をいくつか同時に動かしているので、忙しいときも状況にあわせて様々な提案をしてくださるので、心強いです。

​プロデュース解説

[どの観点からどんなことをやったのか?]

​大久保社長の場合は、これからFC事業を立ち上げられるということで、その集客(webとリアル)の流れを作るのを一緒に考えさせていただいてます。

会社経営が20年以上、年商も1億を超え、現在もご自身で動きながら事業展開されている部分も価値だと感じ、年商1億円以上を目指す経営者の方が大久保社長の事業への取り組み、挑戦、失敗、教訓をリアルタイムで共有し、応援し合えるコミュニティのベースを作りました。​どんな方が集まるコミュニティになっていくのかこれから楽しみです。

[個人起業家支援サービス]

​美しい姿勢であなたが変わる

ヴィーナスウォーキングナビゲーター

山田紫保様

Q,なぜ相談したのですか?

A,自分のやりたい事はあるものの、プロフィール、肩書き、キャッチコピーをどう言語化していいかわからず迷っておりました。

web集客の仕組みも、何から手をつけていいか・・・という状態で、助けてくれる人を探していました。

Q,実際にサービスを受けてみていかがですか?

A,たった1時間で、自分の想いが「言語化」され、プロフィール、肩書き、キャッチコピー、名刺やHPのベースデザインの全てが出来上がってしまいました。

 

さらに先のビジネスモデルも出来上がり、その数日後には最低限の集客、入金管理の仕組みも出来上がってしまい、あとは行動するだけの状態にまで持って行ってくださいました。実際に、サービス提供を開始でき、売り上げも上がりました。

​菊地さんの場合、この先のコミュニティ化や出版まで見据えて話をしてプロデュースしてくださるので、自分の想いを世に出したい方は絶対に話を聞いてみた方が良いと思います。

​プロデュース解説

[どの観点からどんなことをやったのか?]

​山田さんの場合、最初に今までの経歴や全体像を全てヒアリングして一枚の図にして見える化しました。そこから、どんな言葉が的確か?競合はだれか?を分析して、肩書きやキャッチコピーなどに落とし込みました。

ヒアリングをしていくと、フリーのインストラクターとしてプロで長年続けられてきた指導実績があり、姿勢や女性の美しさに対する強い想いを感じたので、あとはどこでマネタイズしていくのか?その手順や注意点をお伝えさせていただきました。

​また、webが苦手で忙しく、あまりいじる時間もないとのことだったので、HPやLineなども本当に必要最低限の部分だけ準備してスタートしていただきました。

​早速スタートし、収益化されてるので次はコミュニティ作りと出版してのブランド作りまで支援させていただきたいと思っております。

←ヒアリングに使った図

財務・経営コンサルタント​

岩瀬様

Q,なぜ相談したのですか?

A,知人の紹介。自分のコンセプトをどう言語化するか?うまくできずにおりました。

Q,実際にサービスを受けてみていかがですか?

A,出てくる言葉が新鮮で、コンセプトが綺麗にまとまって行くのを感じました!将来的には出版まで意識してコミュニティを作っていきたいと思います。

​プロデュース解説

[どの観点からどんなことをやったのか?]

​岩瀬さんの場合、社内コミュニケーションを活性化させる独自の手法をお持ちで、それをどう誰でもわかる見せ方にするのか?とどう広げていくのがいいか?という観点でお話をさせていただきました。

​実際にクライアント様に導入されるという事で、これからの展開が楽しみです!

©kikuchidaiki