12,謎が全て解けた話

​↑僕が生まれた時の写真。

話は戻りますが、僕は5年前までなぜそんなに承認欲求が強かったのでしょうか?

なぜ、誰よりも優秀で、勝っていなければならなかったのでしょうか?​それは、僕が自分自身の感情を大切にしてこなかったからなのです。

僕が大切にしてこなかった感情は「もっと両親に愛されたい・認めて欲しい」というものでした。

僕は3人兄弟の長男です。

 

母も父も初めての子供で

僕をしっかり育てないといけない!

と愛情深くも厳しく育てられました。

 

子供の頃の母との関係を思い出すと

「ちゃんとしなさい」

「なんでこれしかできないの?」

「大樹はなんで60点なんだろうね」

僕に対して、できない事を指摘していたイメージが強く残っています。

父も、

「お前はしっかりしていない」

「お前は浅い」「お前は適当だ」

と僕のダメな部分をいつも怒っていました。

​もちろんこれは、僕に残っているネガティブな側面のイメージの話です。たくさん愛情かけてもらったのも分かっていますよ。(父ちゃん、母ちゃん赤裸々に語ってごめんね笑)

ただ僕はもっと褒めて欲しかったんですよね。無条件に愛して欲しかった。

大樹はすごいね。できるねってね。

よく頑張ってるねって。

その言葉が欲しくて、

認められたくて

八方美人の自分を作り

​人と自分を比べて優劣つけて

「どうだ!俺はすごいだろ!」

「お母さん!お父さん見てよ!!」

「なんで見てくれないの?」

「どう頑張ったら見てくれるの?」

「褒めてくれるの?」

ってずっと思って生きていたんです。

5年前、社長に言われた言葉の真意はここにあったのかと今思います。

 

ただ、ゆっくり時間をかけて気がつく事ができました。

「よしせっかくだからこの感情、両親にぶつけてみよう!」

僕は、両親に思い切ってこの感情を話す事にしたのです・・・・

その話をするためだけに

東京から新幹線に乗り込みました。

 

《続きを読む》

​両親に感情をぶつけてみた。

©kikuchidaiki