13,​両親に、感情をシェアしてみた話

仙台から新幹線で実家に帰る前

ドキドキしながら両親に電話

「あのさ、ちょっと話あるから今日帰るね!晩御飯食いたいから用意しててほしい」

「え?急に?まあ、分かったよ。気をつけて帰ってらっしゃい」

もうこの電話を掛けるだけで

ドキドキマックスです。笑

そして、仙台の実家に帰り

父親、母親と食事をしている時

僕はとうとう切り出しました。

「あのさ・・・・・」

父、母

「ん?」

「俺最近自分の人生振り返ってたんだけどさ、ちょっと2人との関係で言いたい事あんだよね」

父、母

「何?どうしたの急に?」

(うわ!!言いたくない!恥ずかしい!でもせっかくここまで来たから、言わないと・・・・)

 

「あのさ、俺ずっと思ってたんだけど、というか思っていた事に気がついたんだけど・・・・」

「俺、おっとうとお母に褒められた記憶って全然出てこないんだよね。なんかお母はいつも宿題ができてないとか、

 

 

片付けができてないとか言ってたし、おっとうもお前はダメだダメだっていつも言ってた・・・」

 

僕は急に元気がなくなり、

小さい頃に戻ったような気持ちになりました。

父、母

「どうしたの急に?」

「俺さ、おれ・・・・2人に愛されてないんじゃいかってずっと不安だったんだよ。

 

もっと褒めて欲しかったんだよね。ダメだダメだって言わないで

もっと褒めて欲しかった。」

「あの時だって・・・」

この言葉を言ってから僕は涙が止まらなくなり、褒めて欲しかったエピソードを何個か両親にぶつけました。

 

両親は黙って頷きながら聞いてくれました。

僕は「もっと愛してほしかった」という気持ちを話せただけで、本当に心がすっきりしました。小さい頃の自分が心の中で「大樹、ありがとう」ってニコニコ笑ってるのです。

 

黙って聞いてくれた

両親の反応は予想通り

 

 

父、母

「えー?急に何?」

「どうしたの?頭打ったの?」と

びっくりした様子。笑

でも、そのあと父親はこんな言葉をかけてくれたのです。

「大樹にそんな想いをさせてたのはごめんね、おっとうもお母もお前が初めての子供でさ、ちゃんと育てなきゃって必死だったんだよ」

「でも、お前は初めての子供でさ覚えている事がたくさんあるよ。お前が初めて泣いた声や、初めて立った時の事全部しっかり覚えている。たくさん愛情かけて育てて来たつもりだよ」と。

僕はその言葉を聞いて

さらに心が暖かくなりました。

母の方は

「最初なんだから仕方ないじゃない!考え過ぎよ」

 

みたいな感じでしたが

僕はもう大満足。

​そのあとは、また何時もと同じように食事をして酒を飲みました。

《最終章》

僕のこれからの人生の目的

​続きを読む

©kikuchidaiki