僕は著者や講師、専門家の方を対象に

コンテンツビジネスを構築する

サポートをしています。

現在​、ある出版ゼミの

プロデューサーとしても

活動しているのですが

※ちなみに出版ゼミはこんなゼミです。​

これまで、約87名の方に参加いただき

出版が決定したほぼ全ての方が

自分の独自コンテンツを構築し

それを伝える講座やセミナー

を行っていました。

伝えたくて仕方がないコンテンツのことを

僕はミッションコンテンツと呼んでいます。

逆に、伝えたい想いや考えがあっても

まだコンテンツになってない方は

なかなか出版までのハードルも

​高いように感じてます。

自分の中に眠った

伝えたい想いや考え。

知識・経験・スキルを体系化して

ミッションコンテンツを

作って人に提供することで

発する言葉に

オリジナリティと説得力が増すのです。

出版社や編集者の方も

ミッションコンテンツを提供している人が

大好きなのです。

僕はこれまで

様々な分野の方の

​ミッションコンテンツの構築を

サポートをしてまいりました。

カウンセラー/理学療法士/保育園園長/コーチ

スピリチュアルカウンセラー/カメラマン/

 

アニマルコミュニケーター/ボイストレーナー/

経営者/音響調律師/整体師/秘書/研修講師/

サロン経営者/介護士/占い師/

ウォーキング講師/不動産営業など

今回は、これまでの経験を活かして、

これから出版を志す方や

自分の独自コンテンツを作りたい方向けに

『ミッションコンテンツの作り方』という

テーマでメルマガを配信することに

いたしました。

​実際に僕が各分野の

専門家の方のコンテンツ作りを

通じて、学んだことや感じたことを

不定期に配信していきます。

個人でこれから起業したい!

という方にも役に立つはずです。

今回は、登録特典として3本の動画も

プレゼントします。

・コンテンツビジネスとは?

・ミッションコンテンツを構築する12ステップ

・正直儲かるの?お金の話。

ご縁ある皆様と

​いいコンテンツが作れることを

​楽しみにしております。

​推薦の声、クライアントの声

高橋朋宏​/ブックオリティ出版ゼミ学長・元サンマーク出版常務取締役編集長

『人生がときめく片づけの魔法(近藤麻理恵)』国内159万部、『病気にならない生き方』(新谷弘実)140万部』、『一番になる人(つんく♂)』など国内外で数々のヒット作を生み出し、ヒット連発の編集部を築いてきた編集者。

菊地の関わり方

コミュニティプロデューサーとしてブックオリティの立ち上げメンバーとして参画。出版ゼミのコンテンツ開発、新規受講生への認知、集客、講座開発、サロン運営、イベントの企画など。

[推薦の声]

もし、菊地さん(ふだんは親しみをこめて大ちゃんと呼ばせていただいています)と出会っていなかったとしたら……。これはもう、今となっては想像もできないくらい、菊地さんはブックオリティが掲げる夢を実現していくにあたって必要不可欠な「存在」です。そう、「人材」というありふれた言葉では表現できないくらい、大切な「存在」そのものなのです。

 

 

菊地さんがチームにいることで、ふしぎと自分の頭の中が整理され、プロジェクトに具体性が帯びてきます。それはとても不思議な感覚です。まわりの人たちをやさしく包み込んでいきながら正解に導いていく力を、驚くべきことに若くしてすでに持ち合わせているのです。

 

 

信じられないくらい気遣いができて、「あ、いいですよ」といつも気持ちよく仕事を引き受けてくれる。能力があるのはもちろんのこと、それを上回る人柄のよさを持っていて、私のような50代の経営者たちを手のひらの上で踊らせる。それはもう、神業といえるでしょう。

 

 

プロフェッショナルたちの頭の中を「講座化」することにかけては、おそらく日本でトップクラスの実力があります。自分のビジネスを美しく講座化したい方は、まずは菊地さんに相談してみることをお勧めします。

JoMoriyama​ / ポートレート写真家

ミランダカー、トムハンクス、ナタリーポートマン安室奈美恵など超有名人やハイブランドから撮影オファーが絶えないポートレート写真家 、バルセロナ在住、2020年11月に出版予定

菊地の関わり方

これまでの知識・経験・スキルを体系化したオリジナル心理学、コーチングのコンテンツ、販促、トークライブの企画など

なぜ、マネジメントを依頼されましたか?
本職であるクリエイティブ以外の営業戦略やマネージメント、顧客管理等が苦手で、以前まで大きな会社と組んでいましたが、なかなか意思疎通ができずに悩んでいました。同時に、これまでの経験を活かして何か新しいことをやりたくて相談しました。

どんな変化がありましたか?

自分では想像もつかない戦略の数々や発想の転換を、自分に合わせてくださって、無理なく、心地よく、新企画、打ち合わせ等ができる上に、仕事が早いので、刺激を受ける事が多くなりました。具体的には僕が楽しく話してるだけで、独自講座がどんどん形になっていって、自分もそれなら伝えたい!という気持ちになってます。販売の相談にも乗ってくれて、告知前段階から申し込みが入ってる状態です。

​菊地の強みはなんだと思いますか?

型にハメずに、強みを伸ばそうとしてくれるところです。同調能力の高さと目まぐるしく変わる現代の流れに素早く対応していくフットワークの軽さに脱帽するばかりです。 縁とタイミングで偶然お願いすることとなったのですが、人に強制したりすることもなく、二人三脚で仕事に挑めるので、本当に『助っ人』という言葉がよく似合うお人柄です。

嶋田美津恵/育爪サロン・ラメリックオーナー 育爪スタイリスト

東京の自由が丘、大阪の梅田に半年先まで予約待ちの大人気育爪サロンを2店舗展開。今年で17年目。

菊地の関わり方

​自宅でセルフケアができる育爪オンライン講座のコンテンツ開発、その他ビジネス展開の相談

菊地と出会う前はどんな状態でしたか?

これまでのノウハウを体系化したオンライン講座をつくりたいけれど進まない状態でした。

Q,なぜ、菊地にマネジメントを依頼していますか?

まず第1に、菊地さんの仕事に対する「最大の原動力」がお金儲けではない、という点です。2つ目は、菊地さんが「広めたい」「一緒にやりたい」と感じた場合にだけ一緒に仕事している、という点です。この2つは譲れない条件でした。お金を支払ってくれさえすれば誰のどんな仕事であれ引き受けるという姿勢では、人々がより豊かで幸せになるものを一緒に生み出すことは難しいと思うからです。

 

そして3つ目は、菊地さんの、様々な背景を持つ人と接するときの上下関係を感じさせないニュートラルな態度、奥様やお子さんとの関係をとても大切にしていること、そして、菊地さんと一緒にいるだけでワクワクするからです。

Q,菊地がいることで、どんなメリットを感じていますか?

毎日、まったく違う分野のいろいろなことをしている中で、緊急ではないけれど、今後の成長にとって大切なことが後回しになってしまうことがあります。また、完成形がうまくイメージできなくて、どう進めていいか分からずに立ち止まってしまうこともあります。

そんなときに、「そろそろミーティングしましょうか~?」「いまどんな感じですか~?」と、わたしたち以上にプロジェクトのことを気にかけて寄り添ってくれます。

現状や悩みを打ち明けているうちに、わたし自身が気づいていない、進まない原因を発見して、わたしの発想にない選択肢を提案してくれるので、話しているうちに問題が解消されてしまいます。

Q,菊地の強みはなんだと思いますか?どんな人にお勧めしますか?

「相手の力になりたい」「一緒にプロジェクトを楽しみたい」「一緒に成功していきたい」「相手の幸せが自分の幸せ」という気持ちだと思います。そして、相手を無理やり菊地さんの型に押し込めるのではなく、「では、それを重視しながら、利益を増やす方法を考えていきましょう」と、相手の個性を生かすように菊地さん自身が型を拡大していく、圧倒的な「柔軟性と包容力」だと思います。

 

いままでいろいろな先生やコンサルタントに教わってきたけれど、「自分を殺してまでビジネスを拡大しても意味がない」「そんなことをするくらいならビジネスをしないほうがいい」と感じた人におすすめします。

玉居子 高敏/女性が多い職場安定化&活性化コンサルタント

従業員100名超えのグループ会社を経営し、数多くの女性部下のマネジメントするなかで、女性が多い職場での男性管理職向け研修の必要性を痛感。講師として活動。

菊地の関わり方

​女性が幸せに働き、楽しく育つ職場リーダー養成プログラムのコンテンツ開発

 

なぜ、マネジメントを依頼してますか?
自分自身の中の経験やスキルを体系化したコンテンツを作りたいと思っていましたが、自分の力だけではそれは難しいと感じていて、コンテンツを一緒に作ってくれる方を探していたからです。

私は100名の従業員を抱える会社の代表をしていたので、判断ミスが100名の運命を左右します。そういった視点から慎重に検討をしてその期待に応えていただけると感じ菊地さんにお願いしました。

実際にどんな変化がありましたか?​

最初の内は、コンテンツに必要な素材である自分の言葉を表現するのにすごく苦労しました。しかし菊地さんとセッションを重ねる中で、自分の中から言葉があふれてくるようになりました。書籍の発行も予定しているのですが、その土台になる自分の思考の言語化が以前よりもできるようになったと思います。

 

 

なぜそのような変化があったと思いますか?

菊地さんのヒアリング・カウンセリングの力が大きいです。初期の頃は特に、論理的な説明もできずまとまりのない話をしてしまっていた私の話をじっくり聴いて

 

「それってこういうことですか?」

「それって、こんな言葉にできませんか?」

「それってこんな図にできまんか?」

 

とそれを言語化&集約してくれました。このことにより私の中で言語化&集約の過程を示してくれたので、自分自身もそれを練習することで言語化&集約能力が上がっていったと感じています。


 

菊地の強みはなんだと思いますか?

ヒアリング&カウンセリング能力はもちろんですが、その人の独自性のある価値を見える化して独自市場を提案する力だと思います。私の場合、「女性に応援してもらえる管理職になる」というテーマで男性管理者向けのスキルコンテンツを一緒に作っていただいてますが、その独自性のあるコンテンツのコンセプトを立てられたのは菊地さんのアドバイスが大きいです。


 

 

「玉居子さんは、ここが面白いのでその情報をまとめて発信しましょう」

「集客導線は、コンテンツのこの部分を出しましょう」

など私が気づかない価値も伝えてくれて新しいビジネスアイデアを提案してくれます。


 

 

一般の事業で言えば、自社の強みを活かして、顧客のニーズを満たし、同業他社との差別化が明確なNO.1を作りやすい市場の形成をしていることをそれをさりげなく行っていると思います。そのことは菊地さんに末恐ろしさを感じるくらいすごいと思います。

Shiori /アニマルコミュニケーター

​ハワイを拠点に世界中でアニマルコミュニケーションのセッションやオンライン講座を展開。芸能人も多くクライアントに持つ。動物の存在の意味や意義をより多くの人に広げるのがミッション。

菊地の関わり方

​アニマルコミュニケーションワークショップのオンライン展開、集客施策立案、Webサイト作成、事務局体制の構築など

 

なぜ菊地にマネジメントを依頼してますか?

出版を控え、ビジネスが拡大し、多様性のある対応を展開しなければいけない状況でした。でも、それまでの私はほぼご紹介のみでビジネス展開をしており、Webサイトすら持っていませんでした。ホームページの開設や、SNSでの情報展開、組織づくり、仕事の外注、本の販促等々、私一人では実現困難な課題が山ほどありました。

 

やるべきこと、やりたいことはだいたいわかっていたし、次々にアイディアが浮かんできていたのですが、それを具体的にどのように形にしていったらよいか?がわからなかった。その私がやりたいことを形にする為の、方法、依頼先、スケジュールを一緒に考えてくれたり、助言してくれる人が必要でした。

 

 

​マネジメントを依頼していかがですか?

事業の拡大がすごい勢いで進み始めました!

・ウェブサイトの制作

・ブログ開始、カスタマイズ、及びフォロワー増加

・本出版後の生徒数増加の対応

・オンライン講座の企画、撮影&編集、集客

・集客方法の簡略化

 とにかく少ない作業で、より多くの集客に繋がりました。

 

今までの私は、企画こそ難なく次々に出てきていましたが、

それを実現するのにすごく時間がかかっていたし、効率が悪かった。

「そろそろこれやってください」

「次はこれです!」

とお尻を叩いてくださり、それがすごいスピードで進んでいきました。

 

 

どんな人にお勧めできますか?

しなければならないことはわかっているのに、何からどう手を付けていけば良いかわからない人におススメです。あなたの中にある想いや最終目標を菊地さんに伝えれば、実現に向けて詳細をコンサルティングしてくれます。


菊地さんは人の中になる情報をまとめるのが凄く上手です。私の独り言まで拾い上げて、実現に向けて動いてくれますよ。

井出元子 /経営コンサルタント会社秘書・研修講師

岩手大学人文社会科学部卒業後、株式会社リクルート入社。ITトレーナーとして転職、出版・印刷業界や、移動体通信業界で、人材育成を行なう。2008年小宮コンサルタンツに入社、代表でありベストセラー著者・経営コンサルタントの小宮一慶の秘書を務める一方、接遇研修、新入社員研修、秘書研修等の講師を務める​

菊地の関わり方

​秘書力養成講座、接遇、コミュニケーションなど研修コンテンツ開発のパートナー

なぜ菊地にコンテンツ開発を依頼していますか?

出版を機に、講演や研修のご依頼を数多くいただくようになりました。書籍としてまとめてはいるものの、書籍の内容を講演や研修に展開していく必要を感じていました。書籍を軸として、一緒に検討しながらコンテンツをまとめていく相手を必要としていました。

菊地さんは著者のコンテンツ作りのご経験が豊富ということに加え、初めてお打ち合わせをした時に、心にある漠然とした思いを引き出し、整理して形にする能力が非常に高い方とお見受けしました。まさに私が求めていたコンテンツ作りのパートナーにピッタリでした。

どんな変化がありましたか?

早くも様々な効果が出ています。書籍の内容を別な視点で整理したり、掘り起こしをすることで、仕事のアウトプット全般にそれが活かされています。また、リモートでの仕事の進め方や制作物にも、仕事上のヒントを数多くいただき、自分の仕事に活用していることも多くあります。

 

 

なぜそのような変化があったと思いますか?

テーマについて、常に考え、言語化・体系化しておくこと。緊急ではないが重要なことは、ひとりではつい後回しになりがちですが、伴走者がいてくれることで、その時間を定期的に確保し、テーマに向き合う時間が取れます。また、アウトプットをマインドマップで目に見える形でまとめてくださるので、進捗が分かりやすく、前に進んでいる実感が持てます。

 

菊地の強みはなんだと思いますか?どんな方にオススメできますか?

眠っているコンテンツを引き出す質問力と、それを魅力的に伝えるための編集力。自分でも思ってもみなかったアドバイスをいただけるので、新しいアイディアが生まれていく楽しい時間でもあります。

作ったものを今度は初心者の目線に立って、曖昧な点や分かりやすさ、伝わるかを検証する厳しい目を持っています。「分からない」ということは難しいものですが、それを素直に表現できるのは菊地さんの人間性だと思います。

虹乃 美稀子 /シュタイナー幼児教育者/虹のこども園代表

保育士として仙台市の公立保育所や児童相談所に7年勤務。その後、シュタイナー幼児教育を学ぶ。その後自主幼稚園「東仙台シュタイナー虹のこども園」を開園。園長及び担任を務め現在13年目。著者としても活動し、現在2冊目を執筆中。

菊地の関わり方

​「子供のスピリチュアリティを育てる」シュタイナー教育オンラインプログラムのコンテン開発、販促計画立案など

なぜ、マネジメントを依頼されましたか?
小さく始めた園ですが、年月を重ねるごとに、私どもが大事にする子育て観・生命観にご関心やご共感をお寄せくださる方々が増えてきました。
 

大人向けの学びを求められる方々も全国的に増えてきたのですが、私は通常は園の担任もしているので、応じられる時間も出向ける場所も限られているのが悩みでした。そのために、オンライン講座の構築を考えましたが、その点では全くの素人でお手伝いしてくださる方が必要でした。


 

 多くの講座やコンサルティングがある中で、なぜ菊地を選ばれましたか?

私がお伝えしていきたいことは、子どもというものがどういう存在であるか、また、子ども一人ひとりがかけがえのない、本質的に「自由な人間」として成長していくには、どのような関わりが必要なのかという、人間存在の根本に関わるお話です。
 

ですから、お願いする方は何よりも人間として誠実であること、そして子どもという存在に対して自然な態度で理解と共感を向けていただけること、というのが一番の条件でした。菊地さんのお人柄とお仕事ぶりは、以前参加していた「ブックオリティ 出版ゼミ」でのファシリテートをしてくださっているときに間近で拝見して信頼しておりましたし、一児の父として子育てに丁寧にむかい合われていることも、決め手の一つでした。

 

 

 

現在までに、どんな変化がありましたか?

毎回自分の頭の中が菊地さんとのセッションでどんどん整理されていきます。様々な質問を受けることにより、自分の中の考えが研ぎ澄まされ、新しい発見や気づきが生まれていくクリエイティブな状態に導かれています。一人では到達できない世界だなと感じています。


 

なぜそのような変化があったと思いますか?

菊地さんのセッションの中で講座を構築するためにいただく質問が非常に的確です。そのために、自分自身の中に降り積もっていた「伝えたい」「まとめたい」思いや考えが、どんどん系統立てて整理され、自分の中の思考を俯瞰して見ることができる手助けをしていただいているのだと感じます。


 

菊地の強みはなんだと思いますか?

 菊地さんの強みは、なんといってもヒアリング能力の際立った高さだと思います。クライアントの意図するところを丁寧にすくい上げる力、それを系統立てて説明し直せる力は、セッションを受けていても驚愕しました。

 また、私はビジネスのことは疎いので、自分の仕事に寄った見方しかできませんが、菊地さんのピュアな感性に信頼を置いています。クライアントが大切に考えていることを、理解しようと努め、共感してくださる誠実な姿勢は、どんな分野でも、丁寧なお仕事を積み重ねて来られて、それをより広く社会に伝えたいと考えていらっしゃる方に自信を持ってお勧めします。

橋中今日子​ / 介護者メンタルケア協会代表・理学療法士・コーチ

リハビリの専門家として病院に勤務するかたわら、認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟の家族3人を21年間にわたって1人で介護する。仕事と介護の両立に悩み、介護疲れをきっかけに心理学やコーチングを学ぶ。これまでの経験から「がんばらない介護」を伝える活動を全国の市区町村で展開中。TV・新聞など様々なメディアで取り上げられ、現在は2冊目も執筆中

菊地の関わり方

​介護職やカウンセラー、コーチに必要な「EMCOカードコーチ養成講座」のコンテンツ開発など

プログラム受講前はどんな課題がありましたか?

自主開催している講座(対面でのメンタルコーチ養成講座)に限界を感じていました。
限界とは、以下の4つになります。


1)対面で開催するので、移動時間、移動コスト、会場費がかかる

2)技術を伝えるために少人数(最大8名)制にしていたため、収益増加が難しかった。

3)コーチ養成講座の内容を整理することができなかった。(自分が受講生にスキルや情報をその都度ライブのように伝えていた。コンテンツは毎回異なり、他の人がそれを使って講座をするなど再現性がなかった)
 

4)多くの人に伝えたいと考え、動画講座を作りたいと考えたが、何から手をつけていいかがわからなかった。


 

多くの講座やコンサルティングがある中で、なぜ菊地を選ばれましたか?

1)人柄:横の関係で関わってくれる(上から目線ではなく、一緒に考えてくれる、ともに作り上げてくれる)。誠実さを、最初のオリエンテーションで感じました。実際に私のコーチングを受け、体験から理解しよう!としてくださったことに、信頼感が高まりました。
 

2)分析と構成化、言語化力、再現化

講座の内容を、「こういうことであっていますか?」と言語化したり、分解して整理、構成して整えてくれる!

今までコンサルをいくつか受けましたが、ずっと悩んでいた課題がオリエンテーションの時点で明確になり、安心できました。


 

 どんな変化がありましたか? 

1)とにかく、作業が着実に進む!
3年以上かかって全く進めれなかった講座の動画化が、携わっていただいて2ヶ月で構成がほぼ整理できました。


 

2)自分の先送り癖が減った!
一緒に考える→一人で作業「何をどうすればいいのか?」的確なアドバイスをいただけるので、これまで苦手な作業を先送りにするくせが私にはあったのですが、それが減り、着実に作業を進められています。

3)今、開催している講座への自信が高まった。

講座の価値を再認識でき、より自信を持ってクライアントさんに説明や勧めることができるようになりました。自分のコンテンツに対する自信が高められたことが、私にとっては一番の価値だったかもしれません。講座の内容を細分化できたので、講座で伝えている内容を再確認でき、「これだけのことをしているんだ!」と自信を持てました。

鈴木祐可子​/柔道整復師・バイオサウンド研究所代表

13歳で体調不良を起こしたのをきっかけに、人の身体の施術に引き寄せられ、16歳から師を持ち施術を学び始める。21歳で柔道整復師免許取得。病院勤務、自らの接骨院開業を経て、生体共鳴複合調和音を進化させた音「イーマ・サウンド」に出会いバイオサウンド研究所を設立。

菊地の関わり方

​新コンテンツの開発、集客導線設計、PR動画シナリオ作成など

 最初、どのような課題を抱えてましたか? 

当時顧客の大半がご紹介で、それなりに結果は出ていたもののもっと多くの方に知ってもらいたいとコンテンツを作ったのですが、今の仕事内容の専門性が高く、一般の方にどのように伝えたらご興味を持ってもらえるのかが分かりませんでした。自分たちの当たり前は、一般には当たり前ではないため、一般目線をアドバイスしてほしいと思っていました。

 

 

何を期待してマネジメントを依頼しましたか?

もっと多くの人に知ってもらうために、どうしたらいいかをアドバイスしてほしくて。以前にも別の方にコンサルをお願いしたものの、「形に当てはめて考えて」とレジメを一つ渡されただけで、必要な相談をしても形ばかりを繰り返されるだけで、期待する答えがなくがっかりしたことがありました。

 

菊地さんには、そういったこともお話させていただいた上で、私達が大切にしていることを理解くださり、「その方法がだめならこんな方法もある」と的確なアドバイスを下さるところがとても素晴らしいなと思い、コンサルを依頼しました。

 



 その結果いかがでしたか? 

コンテンツを充実させることが出来、理想のお客様がいらして下さるようになりました。特に、私たちに必要な方や知っておいた方がよい情報や、仕事においてきっと刺激をうけるだろう方をご紹介くださったことはとてもありがたかったです。

 

 

どんな人にお勧めできますか?

自分はこういう人間で、自分の仕事でこんな世界を作りたいという明確な想いがある方にお勧めします。

菊地さんは私たちにとってはガーデナーのような存在で、私たちがやりたいことに対して「こんな風にカットすると、キレイに花が咲くよ」と、剪定してくれる人です。

 


やりたいことがある、実現したい世界がある、でもどう見せたらいいんだろう?どう伝えたら伝わるのだろう?と悩んでいる方にとって、

菊地さんは、あなたの咲かせたい花・実現したい庭をともに作ってくれるガーデナーになってくださいますよ。

©kikuchidaiki