日本と米国でミリオンセラーを打ち立てた

ただ1人の編集者に聞いた

「良い本と売れる本の違い」

〜対談音声プレゼント〜

​元サンマーク出版、常務取締役編集長

​ブックオリティ出版ゼミ学長・高橋朋宏

編集者として最初に企画した2冊の書籍のうち、1冊は初版2万部で勝負して9割以上の返品を食らい、もう1冊は初版7千部でスタートし、12万部のロングセラーとなる。

 

2005年に満を持して出した『病気にならない生き方』(新谷弘実)が140万部突破のミリオンセラーとなる。​その後も数々のヒット作を世に送り出し

 

2011年、「ミリオンセラーにする」と会社の内外で宣言してつくった『人生がときめく片づけの魔法』(近藤麻理恵)が159万部の大ヒットとなる。2015年に米国でも100万部を超え、本書は日本と米国でミリオンセラーという、日本の出版史上、初の快挙となる。

サンマーク出版の編集長として「ヒット連発の編集部」をつくりあげる。

2018年「本の力で世界を変える」株式会社ブックオリティを創業。

1分48秒〜
雑誌の編集長から副編集長に降格され、
どん底の赤字社員が12万部のヒット絵本を作った話

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

6分59秒〜
「いい本と売れる本」の違い

ミリオンセラーなんて簡単に作れると思っていたら、全く作れなかった話
 _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

8分30秒〜

『加速成功』というを作ったら、自分の成功も加速しはじめた話
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

11分20秒〜

ミリオンセラーのエネルギーとは
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

15分20秒〜

毎週5万部、10万部単位で重版される世界
『人生がときめく片づけの魔法』の著者
近藤麻理恵さんと初めて会った時の話
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

17分50秒〜

人の心を震わせるほどの、言葉の磨き方

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

20分40秒〜
心を震わせ、社会に影響を与える本とは