ヘッド.png

[サポート事例]

69155196_2467548776644174_77065465904370

[サポート内容]

プロデューサーとして、世界を変える著者になるブックオリティ出版ゼミの立ち上げ、オンライン化、継続開催をサポート中。

 

立ち上げから3年で150名を超える著者コミュニティへ

2021年に出版された本の重版率は8割を超える

高橋朋宏(タカトモ)

ブックオリティ出版ゼミ学長

​元サンマーク出版常務取締役編集長

『人生がときめく片づけの魔法』(近藤麻理恵)国内159万部、『病気にならない生き方』(新谷弘実)140万部、『一番になる人』(つんく♂)など国内外で数々のヒット作を生み出し、ヒット連発の編集部を築いてきた編集者。

推薦の声.png

プロフェッショナルたちの頭の中を「講座化」することにかけては、おそらく日本でトップクラスの実力があります。自分のビジネスを美しく講座化したい方は、まずは菊地さんに相談してみることをお勧めします。

もし、菊地さん(ふだんは親しみをこめて大ちゃんと呼ばせていただいています)と出会っていなかったとしたら……。これはもう、今となっては想像もできないくらい、菊地さんはブックオリティが掲げる夢を実現していくにあたって必要不可欠な「存在」です。そう、「人材」というありふれた言葉では表現できないくらい、大切な「存在」そのものなのです。

 

菊地さんがチームにいることで、ふしぎと自分の頭の中が整理され、プロジェクトに具体性が帯びてきます。それはとても不思議な感覚です。まわりの人たちをやさしく包み込んでいきながら正解に導いていく力を、驚くべきことに若くしてすでに持ち合わせているのです。

 

信じられないくらい気遣いができて、「あ、いいですよ」といつも気持ちよく仕事を引き受けてくれる。能力があるのはもちろんのこと、それを上回る人柄のよさを持っていて、私のような50代の経営者たちを手のひらの上で踊らせる。それはもう、神業といえるでしょう。