ヘッド.png

100名以上の応募があった出版ゼミの話。

更新日:2019年2月13日




皆様こんにちは。

昨年会いに行った「青汁王子」が逮捕されてびっくりしている菊地です。



今回はコミュニティ作りをサポートさせていただいている、ブックオリティ出版ゼミの話。



先日第2期の日程が公開されました!(ほんとに、日程だけ.....笑)



第1期では現在37名の皆さんが、今週末のプレゼン大会に向けて準備を進められております。


(11月の初日の様子。懐かしい...)


このゼミは選考があるので誰でも入れるわけではありません。1期は仮エントリーだけで100名近くの方にエントリーいただいておりました。



現在参加している37名の中には、モナコ、カナダ、ハワイ、マレーシアなど海外から毎月通われている方もいらっしゃいます。



本当に様々な業界の方が集うので、このメンバーとの出会いだけでも素晴らしい価値の一つなのではないでしょうか。すでにお互いにビジネスでコラボしてる方もチラホラ。

(1月のゼミの様子。1月は2チームに分けているので受講生さんの数はこの倍いらっしゃいます。)


1月は有志で集まって、ベストセラー祈願の初詣に行きました。3月には受講生さんの鈴鹿さんにお願いして、国会遠足を企んでます。(総理のイスに座れるかもw)



こういった遊びのイベントも今年は増やしていきたいと思っています。



さて、今日は運営してる僕の視点から、このゼミの気に入ってるポイントをまとめてみました。僕が勝手に「好きだ!」と思っているポイントです。



興味のある方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。


このゼミの好きなところ①

ベストセラー編集者の「基準」が学べるところ


1つ目は「基準」について。


基準とはその人が「積み重ねてきた経験」によって作られていくものです。



考え方、使う言葉、時間の使い方、仕事のクオリティ、仕事の結果、誰もが自分にとって当たり前の基準を待っています。



ある分野で結果を出そうと思ったら、その分野で圧倒的な成果を出した方の基準を学ぶ必要があるわけですが


このゼミの学長・タカトモさんはサンマーク出版で、様々な苦労をされながらも編集者の道を極めてこられました。



『人生がときめく片づけの魔法』

(国内250万部 、海外800万部)

『病気にならない生き方』

(国内200万部、海外100万部)など、



大きなヒット作を世に送り出し、日本と米国でミリオンセラーを打ち立てた、ただひとりの編集者です。



さらに、会社の役員兼編集責任者として、出版される本ほぼ全ての、タイトル、章構成、原稿、著者プロフィールに目を通されています。



ちなみにご存知ない方のために紹介すると、サンマーク出版で今売れている本はこういった本です。


(サンマーク出版HPより抜粋)



どれも書店で平積みされているものばかりです。